お悔やみの電報(弔電)最新の記事

電報でお悔やみを伝える

葬儀・法要会葬者のためのあいさつ・マナー

 

電報を使ってお悔やみを伝えるのは悲しみの心を表現するのに良いでしょう。お悔やみの言葉を電話やメールで伝えるとなると、どことなく味気なさを感じるものではないでしょうか。

電報は心の伝わる深さが違います。深く哀悼の意を表わすには、口頭で話したり、電子的なメッセージよりも、温かみのある文字を使う方がより気持ちが伝わります。
お悔やみの電報は、突然の知らせを受けて送るものですから、郵便よりも電報が相応しく、お通夜やお葬式のスケジュールに併せます。

例えば即日でお悔やみ用のアートフラワー電報や、「ねっと電報」などで扱っているサプライズ便のように申し込んで3時間後に届くタイプなどを選ぶとより弔慰がストレートに伝わります。

お悔やみ電報は、時間がないままに手続きを行う事が多くありますから、文章を練りこむ時間の余裕がない場合が多く、その時は例文を活用して文章を考えるとスムーズに文章が考えられます。

お悔やみ電報で人気があるものはいくつかあり、お花が一緒に届く物や、ハスの花、白ユリの花、あるいは一面に広がる雲がプリントされた電報が多く選ばれているようです。
また、お悔やみの意味が感じられる和歌がデザインされ、故人をしのばせるようになっている電報もあるので、調べてから申し込んでも良いでしょう。

 

お悔やみの電報(弔電)について

電報の中でも、お悔やみの為に送るとなると、どのような文章にしたら良いのか、心からの弔意が伝わるにはどんな言葉を使うと良いのか悩むのではないでしょうか。
カテゴリー
更新履歴
電報でお悔やみを伝える(2009年8月 4日)
お悔やみに送りたい電報(2009年8月 4日)
電報の文例・お悔やみ(2009年8月 4日)
お悔やみ電報のマナー(2009年8月 4日)